HOME>オススメ情報>一足早く基礎と応用力を身につけるならイラスト専攻の高校へ!

プロから学ぶことが出来る

イラストレーターになるためには、イラストコースなどがある高校へ入学すると良いでしょう。イラストが学べる高校では、プロのイラストレーターから学ぶことができる学校もあります。

高校から学ぶVS高校卒業後に学ぶ違い

高校から学ぶ

イラストコースなどがある高校へ入学して、高校からイラストを学ぶと早くからイラストの勉強ができます。そのため、一人前のイラストレーターになるのも、その分早くなれますので有利です。

高校卒業後に学ぶ

高校を卒業してからイラストについて学ぼうとする場合、一番おすすめなのは、美術系大学や専門学校などで学ぶことです。ただし、高校からイラストを学んできた人と比べてスタートは遅くなります。

一足早く基礎と応用力を身につけるならイラスト専攻の高校へ!

絵を書く人

10代で基礎と応用力が身に付けられる

将来にイラストレーターなどになるために、イラストを勉強するには高校生から始めるのがおすすめです。専門の高校の中には、イラストコースがあるところもあります。高校生など10代のうちからイラストを勉強し始めると、イラストの基礎や応用力が身に付けられるので早いうちから始めると良いでしょう。

イラスト専攻で取得できる資格

女性

AFT色彩検定

AFT色彩検定とは、公益社団法人色彩検定協会が行う色に関する知識や技能の検定です。1級、2級、3級の3種類があり、1級は色に関するスペシャリストのための試験になります。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験とは、コンピュータを使ってイラストを描く画像編集ソフトのAdobeのIllustrator(R)の技能や技術を認定する試験です。今やコンピュータでイラストを描くことはとても重要なことです。

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定とは、CG-ARTSが提供するCGを使うクリエイターなどに対する検定です。CGを使ってイラストを描くイラストレーターにとっても、持っていると有利になる資格になります。