ゲームデザイナーになる上で持っていると役立つ資格

男性たち

CGクリエイター検定

CGのデザインの基礎や応用、映像制作における基礎や応用などの検定試験としてCG-ARTS協会が主催するCGクリエイター検定という資格があります。CGクリエイター検定には、基礎的な理解や知識を有するCGクリエイター検定(ベーシック)と、専門的な知識が必要なCGクリエイター検定(エキスパート)があります。

CGエンジニア検定

CGエンジニアとは、CGのプログラミングやエンジニアリングの知識がどのくらいあるのかを問う検定です。CGエンジニア検定には、基礎的な理解や知識を有しているかどうかのCGエンジニア検定(ベーシック)と、専門的な知識を有しているかを問うCGエンジニア検定(エキスパート)があります。

マルチメディア検定

マルチメディア検定とは、インターネットを使った画像や映像や音声などのマルチメディアに対して必要な知識や技能を有しているかを問う検定です。マルチメディア検定には、1級、2級、3級の3つの級があり、級が小さくなるほど難しく全般を理解しているかを問う試験になります。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは、情報処理の基本についての経済産業大臣が行う国家試験です。基本情報技術者試験の出題範囲はとても広く、コンピュータシステム全般や、システムの開発と運用や、ネットワーク技術、データベース技術などが出題されます。情報処理に関する国家試験のため、とても多くの人が受験する資格です。

資格があると将来に役立つ!ゲームデザイナーへの道

ゲーム

ゲームデザイナーの仕事内容とは

ゲームデザイナーとは、ゲームにでてくる人物をデザインしたり、背景をデザインしたり、どのようなシステムを構築していくかを決めたりします。すなわち、一つのゲームの設計を担うことが仕事になります。ゲームの設計をするということは、そのゲームのストーリーや世界観などを決めて、最終的な結論まで導くことができるようにする必要があるのです。また、システム面でも実現可能かを見極める必要があります。

男女

資格を取得したいなら専門学校がオススメ

ゲームデザイナーになるためには、ゲーム会社などに就職する前に基礎知識を習得しておくことが良いでしょう。そのため、就職前にゲームデザイナーに関連する資格などを取得しておくと強みになります。そして、いろいろなゲームデザイナーに関する資格を取得したいのであれば、就職する前に専門学校に入学することをおすすめします。専門学校であれば、じっくりと知識を得ることができるのです。